いつもとは異なる尿管結石による腰痛

私が腰痛を患うきっかけは、ほとんどが荷物などを持つために、身体を前屈した姿勢をとったときです。
ところが、ある日の朝に目が覚めると、痛みのために起き上がれない状態になっていたことがあります。
すなわち、何も活動していないにも関わらず、痛みが発生したのです。
このため、いったい何が起きたのかわからずに、とても驚きました。
この痛みは、これまで経験したことのない痛みで、締め付けられるような痛みだったのです。
また、何だか身体に熱があるような気がして、体温計で検温してみると、微熱がある状態でした。
これは、風邪に伴う筋肉痛ではないかと思いまして、行きつけの内科医院に受診しました。
先生に、ここまでの経過を話したところ、腰の周囲を調べられまして、尿検査をすることになりました。
すると、尿の中に血液が混じっているといることから、尿管結石という病気だと教えてもらいました。
消炎鎮痛剤の座薬をもらって、しばらく使用したところ、自然に痛みはなくなりました。

まずは体臭対策が重要 

昔の彼女はとても色っぽいカラダをしていた。

おっぱいもきれいだしお尻だってプリプリだった。でも体臭はんぱなかった。女性でも体臭はする。日によってはとても強烈な時があった。そういう時はセックスをしたいと思わなくなってしまうんだ。

臭いってすごく大事だと思う。テンションを下げてしまうこともあるしいいシャンプーの香りがしたら急にムラムラしちゃうことってあるんだから。女の子で下着に気を使う人もいるかもしれないけど、それよりも香りや臭いにもっと気を使った方がいいのかもしれない、と俺は思う。

もしセックスレスで悩んでいる場合だったら、自分の体臭や口臭等を疑ってみるのもいいかもしれないね。そういうのが原因で旦那は妻を抱きたくなくなる、っていうのはありえない話ではないから。下着にこだわるのもすごくいいことなんだけれども、それよりも先に体臭対策をしたり口臭ケアをすることの方がよっぽど大事。そこを怠っているのにセクシーな下着で誘惑しても旦那さんのハートに火をつけることのできないかもしれないね。

自分の匂いがわかりにくいものだから、それを自覚するのはなかなか難しいかもしれないけど。口臭や体臭対策をしていても無駄になるということは無いからね。

医師が教える体臭サプリメントを購入するのも一つの方法なんじゃないかな?

ワキガについてのご紹介

ワキガという言葉を耳にされたことがあるかと思いますが、これは腋臭症とも呼ばれています。皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が関係していると言われています。ワポクリン腺はワキの下以外にも乳暈や外陰部などにもあると言われていますが、思春期以降から特に分泌が活発になります。

そのためワキガの臭いを発する人体形質の方の場合は、思春期以降から臭いを発生し出す傾向にあると言われているのです。アポクリン腺から分泌されている汗にはタンパク質が含まれています。

皮膚表面の常在細菌によって分解されることで臭いが発生するようです。ワキガの治療方法の中には、ボトックス注射と呼ばれているものがあります。これは、汗の分泌を促進させる神経伝達物質のアセチルコリンを抑制させて、発汗自体を抑えていくというものです。1度のボトックス注射で4ヶ月から6ヶ月間ほどの効果が持続すると言われています。マイクロウェーブ法は、皮膚を切開することなくワキの皮膚表面に照射して、汗腺を破壊する治療方法です。

体質の一つでもあるわきがについて

私たちの中には多くの体質になる可能性があります。
この体質には沢山の種類があり、よくある体質もあれば特異体質と言われるようなものもあります。
この体質の中には人に煙たがられるものも存在しています。
その代表的な体質がわきがです。
わきがとはわきの下に強い臭いを発するものです。
周囲の人が嫌がる症状として有名です。
そもそもわきがとはわきの下にある汗腺のアポクリン腺というところから出る汗が主成分になっています。
しかし、この汗だけでは無臭です。
この汗が脂や垢と混ざりあって独特な不快な臭いが出るのです。
また男性の場合はわきの下にある毛がこのわきがの環境をますますつくり出しやすくなっているのです。
このわきがを改善するには程度にもよりますが症状が軽ければ常に清潔に保ち、制汗スプレーや防臭剤などを吹き付けたり塗り込むことで抑えられます。
しかし、症状が重い人になると病院で診察をしてもらい、手術を受けることもあります。
アポクリン腺を除去して汗の元を改善するのです。

わきがの発症年齢について

一般的にわきがの臭いが気になり始めるのは、思春期を迎える頃と言われています。思春期を迎えると性ホルモンの活動が活発化し、それに伴ってアポクリン汗腺からの汗の分泌量が増加します。

そのために、わきがの臭いを自覚するようになるケースが多いのですが、その時期になって突然わきがになるというわけではありません。
そもそも、なぜ悪臭が発生するのかと言うと、アポクリン汗腺から分泌される脂肪やタンパク質の含有量が多い汗を栄養分として、皮膚の表面に存在する雑菌が盛んに繁殖してしまうためです。アポクリン汗腺はそれ以前からあるのですが、この汗腺からの汗の分泌量が増えるのは思春期以降です。ですので、幼い頃は臭いを感じることがほとんどなかっただけで、突然わきがに罹患するわけではないのです。
その一方で、30代や40代になってから、急にわきがの症状が出てくるという人もいます。その場合は、性ホルモンの影響ではなく、ストレスの影響が大きいと言われています。人間は過剰なストレスに晒されると、アドレナリンの分泌量が増加します。そのために発汗量が増え、悪臭の発生に繋がるケースが少なくありません。”

わきがを手術せずに抑える方法

わきがの臭いに悩んでいる人は非常に多いです。
自分では気づかなくても、周りに迷惑をかけているのではないかとうつ病になってしまう人もいるほどです。
わきがの治療と言うと、手術を行うのが一般的ですが、手術と言うのは根本的治療では有りますが直接皮膚を切開してアポクリン汗腺を切り取るという事なので、非常にダメージが大きく、傷跡も残ってしまいます。
特に女性においては傷跡を残すのは嫌だという人も多いので、手術をしないで臭いを抑えたいと考える人が多いです。
手術をしないで臭いを抑える方法ですが、わきがの臭いというのはアポクリン腺から出る汗と皮膚の常在菌などが混じって出るので、汗を抑えるか消毒するかのどちらかで効果が出ます。
制汗剤などでコントロールできるのならそれでも良いし、菌が繁殖しやすい毛を処理してアルコールなどで消毒するというのも効果的です。
また、医療機関でボトックス注射を打つのも手です。
数ヶ月程度は効果が続くので、夏場など露出が多くなる時期の前に打っておくと1シーズンは安心です。”

ワキガとはどのような疾患か

ワキガの医学的な正式名称は腋臭症です。脇の下からツンと鼻を刺すような独特な臭いを発するという特徴がある症状なのですが、厳密に言うと疾患というよりも体質的な特徴の一種であると言うことができます。別に悪い病気でも何ともありませんので、わざわざ治療する必要はないと考える人も少なくありませんが、ワキガの臭いが気になって社会生活を送る上で支障が生じているような場合には、医療機関で治療を受けるという方法を選択することもできます。
欧米人はもともと体臭が強いので、ワキガの症状があっても本人も周囲の人間もあまり気にしません。大雑把に言うと、欧米人の約7割がこの症状を有していると言われています。しかし、日本人の場合、その割合が約1割前後と少なくなっていますので、臭いの発生を問題視する人が多いです。
このワキガの症状を、不潔にしていることが原因で発生していると誤解している人が少なくありませんが、それは大きな間違いです。清潔を保つことによって症状を軽減することはできますが、それだけで問題を根本的に解決することは不可能です。”

わきがを治療する手術について

手術によってわきがの症状は確実に軽減されます。

ただし、100%の完治が保証されているわけではありません。なぜかと言いますと、現在主流となっている手術方法で脇の下にあるアポクリン汗腺を100%除去しきることは難しいためです。

もしも完全に除去しようと考えたならば、アポクリン汗腺を脇の下の皮膚ごと切除する方法を取ることになります。実際に、過去にはその方式の手術がかなり多く行われていました。しかし、脇の下の皮膚をそっくり除去して皮膚を縫い縮めることになりますので、かなり大きな傷跡が残ります。そのため、現在では剪除法と呼ばれる手術方法が主流となっています。
剪除法による手術の場合は、脇の下の皮膚に切開口を作り皮膚を裏返します。その上で、1つ1つの汗腺を目で確認しながらハサミで切除していくという流れになります。この方法であれば、大きな傷跡が残る心配がありません。ただし、どうしても取りこぼしが発生してしまいます。また、一度切除した汗腺が再生してしまうこともあります。でも、確実にアポクリン汗腺の数が減りますので、臭いの発生がかなり抑えられます。

医師が行うわきがの判断方法

わきが手術にはたくさんの方法がありますが、健康保険の対象となるのは剪除法のみとなっています。

もちろん他の手術でも対象となるケースがありますが、健康保険の対象になるには医師が臭いを判断してわきがだと確認する必要があります。臭いを確認するだけではなく、健康保険の対象となるわきがだと判断する必要がありますが、判断は医師の主観による結果が採用されることになります。

臭いに関しては数値化して表すことが困難なため、医師の判断によって対象となるクリニックもあれば対象とならないクリニックも出てくることになるのです。臭いの判断はわきにガーゼを数分間挟んだ後、臭いを確認する方法で行われます。

また確実に判断するには医師だけではなく、看護師を含めた複数の人が臭いの確認をするケースもあります。わきがでは本人だけが臭っていると決めつけている場合があるため、より多くの人が臭いの判断を行うのです。医師の確認時に匂いが出ない場合もあるため、わきがかどうかの判断は難しいといえます。

ワキガ治療と健康保険

わきがはアポクリン汗腺が原因となっているため、完治するには手術によって取り除く必要があります。手術ですから高額な費用が必要になりますが、手術の種類によっては健康保険の対象となります。

健康保険の対象となるのは剪除法となりますが、剪除法では皮膚を切開してアポクリン汗腺を直接取り除く方法となります。取り残しが少なく再発の可能性が極めて少ない手術方法となりますが、皮膚を大きく切開することで手術痕が残ってしまうデメリットがあります。

手術痕が目立たない手術方法もありますが、健康保険の対象とはならない手術となります。わきが手術にかぎらず、審美的な治療は一切健康保険の対象とはなりませんので、機能性の回復を目的とした手術以外は健康保険の対象にはならないのです。

剪除法はわきが手術の中でも最も効果の高い方法となりますが、手術痕に関しては健康保険では処置することはできないのです。見た目の良さを重視する場合には審美治療となるため、健康保険のきかない美容クリニックを利用するのが良い方法です。