わきがを治療する手術について

手術によってわきがの症状は確実に軽減されます。

ただし、100%の完治が保証されているわけではありません。なぜかと言いますと、現在主流となっている手術方法で脇の下にあるアポクリン汗腺を100%除去しきることは難しいためです。

もしも完全に除去しようと考えたならば、アポクリン汗腺を脇の下の皮膚ごと切除する方法を取ることになります。実際に、過去にはその方式の手術がかなり多く行われていました。しかし、脇の下の皮膚をそっくり除去して皮膚を縫い縮めることになりますので、かなり大きな傷跡が残ります。そのため、現在では剪除法と呼ばれる手術方法が主流となっています。
剪除法による手術の場合は、脇の下の皮膚に切開口を作り皮膚を裏返します。その上で、1つ1つの汗腺を目で確認しながらハサミで切除していくという流れになります。この方法であれば、大きな傷跡が残る心配がありません。ただし、どうしても取りこぼしが発生してしまいます。また、一度切除した汗腺が再生してしまうこともあります。でも、確実にアポクリン汗腺の数が減りますので、臭いの発生がかなり抑えられます。