ワキガとはどのような疾患か

ワキガの医学的な正式名称は腋臭症です。脇の下からツンと鼻を刺すような独特な臭いを発するという特徴がある症状なのですが、厳密に言うと疾患というよりも体質的な特徴の一種であると言うことができます。別に悪い病気でも何ともありませんので、わざわざ治療する必要はないと考える人も少なくありませんが、ワキガの臭いが気になって社会生活を送る上で支障が生じているような場合には、医療機関で治療を受けるという方法を選択することもできます。
欧米人はもともと体臭が強いので、ワキガの症状があっても本人も周囲の人間もあまり気にしません。大雑把に言うと、欧米人の約7割がこの症状を有していると言われています。しかし、日本人の場合、その割合が約1割前後と少なくなっていますので、臭いの発生を問題視する人が多いです。
このワキガの症状を、不潔にしていることが原因で発生していると誤解している人が少なくありませんが、それは大きな間違いです。清潔を保つことによって症状を軽減することはできますが、それだけで問題を根本的に解決することは不可能です。”