ワキガについてのご紹介

ワキガという言葉を耳にされたことがあるかと思いますが、これは腋臭症とも呼ばれています。皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が関係していると言われています。ワポクリン腺はワキの下以外にも乳暈や外陰部などにもあると言われていますが、思春期以降から特に分泌が活発になります。

そのためワキガの臭いを発する人体形質の方の場合は、思春期以降から臭いを発生し出す傾向にあると言われているのです。アポクリン腺から分泌されている汗にはタンパク質が含まれています。

皮膚表面の常在細菌によって分解されることで臭いが発生するようです。ワキガの治療方法の中には、ボトックス注射と呼ばれているものがあります。これは、汗の分泌を促進させる神経伝達物質のアセチルコリンを抑制させて、発汗自体を抑えていくというものです。1度のボトックス注射で4ヶ月から6ヶ月間ほどの効果が持続すると言われています。マイクロウェーブ法は、皮膚を切開することなくワキの皮膚表面に照射して、汗腺を破壊する治療方法です。

わきがの発症年齢について

一般的にわきがの臭いが気になり始めるのは、思春期を迎える頃と言われています。思春期を迎えると性ホルモンの活動が活発化し、それに伴ってアポクリン汗腺からの汗の分泌量が増加します。

そのために、わきがの臭いを自覚するようになるケースが多いのですが、その時期になって突然わきがになるというわけではありません。
そもそも、なぜ悪臭が発生するのかと言うと、アポクリン汗腺から分泌される脂肪やタンパク質の含有量が多い汗を栄養分として、皮膚の表面に存在する雑菌が盛んに繁殖してしまうためです。アポクリン汗腺はそれ以前からあるのですが、この汗腺からの汗の分泌量が増えるのは思春期以降です。ですので、幼い頃は臭いを感じることがほとんどなかっただけで、突然わきがに罹患するわけではないのです。
その一方で、30代や40代になってから、急にわきがの症状が出てくるという人もいます。その場合は、性ホルモンの影響ではなく、ストレスの影響が大きいと言われています。人間は過剰なストレスに晒されると、アドレナリンの分泌量が増加します。そのために発汗量が増え、悪臭の発生に繋がるケースが少なくありません。”